飛鳥山野外舞台を下見して脳内の朝青龍にどやされてきました。

  • 2017.12.27 Wednesday
  • 16:18

今日は舞台監督さん、音響さん、制作さん、北区文化振興財団のご担当の方と打ち合わせをし、

野外劇に向けた懸念点の洗い出しやら、今後の進行の確認などやって参りました。

 

うむ、知ってはいたけど大変なのね。

いやはや、大変よ。

知ってはいたのよ、知ってはいたけどね。

公園って公園ですものね。

様々な大人の事情を乗り越えて色んな方にだいぶ無理めな動きをしていただいてようやくお借りしているんですものね。

沢山の「ありがとうございます」と「ほんとすんません」の気持ちで既に押しつぶされそうではありますが、これも全部作品で返せたらと思っております。

作品で返せなかったときにはもう、北区から追放くらいには思ってます。

北区だけでは許してもらえないか、23区追放かな?

なんとか、北区に残りたい!その一心で作品に向き合いたいと思います。

 

そんな僕の脳内でしたが、打ち合わせはいたって和やかに誰一人発狂することなく進行していきました。

舞台監督さんが次々に懸念点を出してくる。頼りになりすぎて感動。

これで今後も舞台監督さんさえいれば僕が発狂することはなさそうで安心しました。

テンション上がりすぎちゃって怒られるみたいな局面は何度かあるかもしれませんが、それは僕が自制すればいいだけのことであって、まあ自制できるかできないのかと問われれば大きな声で「出来ません!」と言うくらいのコントロールのきかなさではあるかもしれませんが、一説にはテンション上がってる池亀なんか見たこともねえよとの声もありますのでね、ローテンションでお馴染みだったりもしますんでね、そのへんでバランスを取っていけたらいいなと思っております。

 

絶対的に分かったことは、めちゃ大変な企画。でも死ねない!ってこと。

公演に向けたクラウドファンディング12月28日までとなってますので、よかったら応援よろしくお願い致します。

ゲネプロ観劇やらDVDなど普段絶対にないような特典揃えております!

600席ありますので、前方席確保できる特典もありますのでオススメです。

どうか!!

クラウドファンディングはこちらから

https://motion-gallery.net/projects/asukayama

 

 

んでもって、打ち合わせのあとは実際に皆で会場となる飛鳥山野外舞台へと下見に行ってきました。

飛鳥山野外舞台は北区・王子の王子駅すぐそばにある飛鳥山公園という大きな公園の一角にあります。

こちらの動画はキャストの見里瑞穂さんとかすみまいさんい公園を案内してもらった動画です。

 

今日の下見の様子。

公園の中にある能舞台が今回の劇場となるわけです。

ここに600席の劇場を作ろうとしています。

ぬいぐるみハンター初の野外劇にして圧倒的に最大規模の公演となります。

これまでキャパ200くらいが最高だったので、一気に3倍!

やれんのか!池亀!そう何度となく脳内に飼っている朝青龍が片言で問いかけてきます。

そう、誰にも言ってませんでしたが僕は頭の中に朝青龍飼ってるんですよ。

突然のお知らせですみません。

あと、ついでに言うと千鳥のノブさんも飼ってます。

千鳥のノブさんも日常の中で厳しめのツッコミを入れてきます。

 

 

スタッフさんの現実的な話に企画の大変さと壮大さを実感しつつ、やはりこの場所を訪れると夢が広がります。

それほどまでに素敵な空間です。

きっと3月の公演の際にはこの格式ある能舞台をぬいぐるみハンターらしい会場にしていると思います。

格式と間抜けさのせめぎ合いと共存です。

 

どうしてこの場所を公演会場に選んだのかっていうのもこちらに語ってます。

よかったら覗いてみてください。

https://motion-gallery.net/projects/asukayama

 

演劇の可能性をどんと広げる公演にしたいと鼻息荒めにしてお待ちしてます。

早く稽古がしたくなったな。

大晦日の屋根付きバージョンの稽古はしてはいるんですけどね。

あ、大晦日の予約まだ受け付けてますよ!

え?大晦日なんかやんの?って方はこちらを御覧くださいませ。

http://www.nuigurumihunter.com/next/

どんどんやりたい!そんで早く公演やりたい!

3月はよ来い!

いや、まだ全然準備出来てないから実際来られたら超困るけども、お引き取り願うけども。

だから、3月に3月来い!と当たり前のことを願うのです。

あと、お客様もいらっしゃれ!と願うのです。

 

ぬいぐるみハンター 池亀三太

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM