ウサギの走りに学ぶ亀の歩みについて

  • 2017.12.21 Thursday
  • 10:05

ちょっと実感ないんですけど、先日31歳になりました。

ども、池亀三太です。

31歳って結構ないい大人のはずなのに、20歳くらいの頃から生活もありとあらゆる社会的なちゃんとしてなさも相変わらずなことになっていて、こんなはずじゃなかった感が年々に増しております。

いや、30ってめちゃ大人なイメージありましたよね?こんなとっつあん坊やみたいな大人が出来上がってますけど大丈夫なのか?と鏡の自分に問いかける毎日です。

鏡の自分に問いかけたあとには、居候中のウサギにも問いかけます。そう、現在うちにウサギが居候中でして飼い主の都合で一ヶ月くらいの予定だったのですが、なんやかんやで一緒に年越しをすることになったのでした。

ウサギも張り切っちゃって壁をガリガリ噛んでは壁紙を剥がす模様替えに躍起になっております。

さよなら敷金!

お洒落さんな男の子なものでね、仕方ないよね。

さよなら敷金!

ただ、たまに性欲えぐいときがあるのでそんな時は若干引いてしまいます。

 

そんなウサギとの甘い共同生活のため更にとっつあん坊や感が加速しているような気がしてならないのです。

31歳男性がウサギに話しかけるの客観的に見て気持ち悪いよね?

その気持ち悪さ知ってる。

 

てか、東京出てきたばっかの頃にこんな感じの大人になってるなんて想像もしてなかったな。

そもそも演劇やってるってこと自体が謎すぎてるんですけど、東京出てきた時は演劇なんてもん知らんかったし。

それを今はなんなんだ、そればっかだし。

謎が謎を呼ぶ演劇活動です。

 

想像していたというか、夢みていたような未来には到底追いついていない現在ですけど、己の実力と運のなさをちょいと呪いつつも受け入れて亀の歩みでそのうち追いつけるように進めたらいいなと思っています。

 

僕の場合は亀のくせに途中で寝ちゃうからダメなんだな、亀のくせに。

世の中のウサギはウサギのくせに走っているというのに。

 

銀杏BOYZの峯田さんが武道館のときのMCで、「全力ダッシュしてぶっ倒れて、また立ち上がって全力ダッシュしてぶっ倒れて、そうしてる間にもどんどん追い抜かれて、、、」っていう話をしていて、それ凄く共感した。

僕も20代前半頃は全力ダッシュしてたつもりなんだけれども、でも僕の場合はその全力ダッシュも全力でコースアウトしてたんだなと今でははっきりと思う当たる節がいくつもあります。

 

今はね、亀の歩みでコース復帰するべく迂回しています。

 

そんな感じでしょうか、同居のウサギのウサギらしさに見習って、ちょっとはウサギっぽくコース復帰してまた演劇とかあとなんか色々ね、やりたいこと渋滞しているので、亀なりにウサギの素振りでやっていけたらなと思ってます。

 

 

亀なりにウサギに追いつくための野外劇を来年3月に行います。

公演に向けたクラウドファンディングも実施中。

公演に向けての想いだけでも覗いていもらえると幸いです。

https://motion-gallery.net/projects/asukayama

 

 

公演詳細はこっち

http://www.nuigurumihunter.com/

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM